« 平壌冷麺店<本当に良い時代>ロケ地 | トップページ | イ·ソジン、キム·ヒソン、オクテギョンなど、「本当に良いチームワーク」 »

2014年3月 5日 (水)

だから・・・・

花じい7日放送に向けて

ナPD、記者懇談会まで開いてすごっ
ポーターとして完璧だったからこそ・・・
帰国したあの日・・・・空港で
ソジナ、無表情やったんやね〜〜^^;
マジで疲れとったんや〜〜〜、お疲れ!!!
でもナPDも・・・「本当に良いポーター」って
よく言うよね^^;;  やな人・・・・
-----------------------------------------------
'花おじいさん'ナ・ヨンソクPD,"イ・ソジンは本当に良いポーター"なぜ?
enews24 2014-03-05 16:01
tvN '花よりおじいさん'の首長ナ・ヨンソクPDはイ・ソジンに対して'本当に良いポーター'といった。 イ・ソジンと三回目バックパック旅行を共に行ってきた所感だった。
ナ・ヨンソクPDはソウル、麻浦区(マポグ)、老姑山洞(ノゴサンドン)トーズ新村(シンチョン)ビーズセンターで進行された'花よりおじいさん'スペイン編記者懇談会で"製作スタッフとイ・ソジン氏のミルダンが以前の旅行とは違った風変わりな楽しみを与えるものと見られる"として観戦ポイントをついた。
年配の方のために何でも奪い取って出そうとするイ・ソジンと守ろうとする製作スタッフの対決構図がかなりよい笑いをプレゼントするというのがナ・ヨンソクPDの話だ。 私PDは"もう互いに体面を整えることもないのであらゆる事を下ろした'赤ん坊争い'だ。 製作スタッフとイ・ソジン氏が極限の状況でミルダンを越えてきっ抗した対決構図を維持する姿が観戦ポイントとして作用するものと見られる"と伝えた。
ナ・ヨンソクPDは今回のスペイン旅行で初めて'予習'をする姿を見せたイ・ソジンの努力にも拍手を惜しまなかった。 幅広い海外経験を通じてと臨機応変するかで危機を克服してきた以前までとは確かに変わったポーターの姿が浮び上がるというのがナ・ヨンソクPDの話だ。
確かにイ・ソジンの活躍はポーターでも芸能的な側面でも今回も光を放ったという伝言だ。 ただし、イ・ソジンがこの前、正統週末劇を通じてお茶の間に復帰したという点でイメージの混沌が多少憂慮されるのも事実だ。 事実このような悩みはイ・ソジン本人が打ち明けたことであることもした。
だが、ナ・ヨンソクPDはこのような憂慮に対して"私もドラマをよく取りまとめてみているがそのように考えない"として首を横に振った。
私PDは"イ・ソジン氏はそのまま'本当に良いポーター'だ"とセンスあるように付け加えて笑いをかもし出すこともした。 だが、かと言って俳優イ・ソジンとポーターイ・ソジンのイメージを混沌としている理由は全くないというのがナ・ヨンソクPDの話だ。
彼は"'花おじいさん'でもイ・ソジン氏本人の真剣な姿が十分によく出てきていると考える"として"真剣に詐欺を働いて真剣に料理していつも真剣に接近しているので視聴者たちが大きい混沌をしはしないことだと信じる"と伝えた。
私PDが10日間一緒にしたイ・ソジンは急で差し迫った状況の中でも絶対にポーカーフェースを失わないスタイルだった。 さらに警察に捕らえられた状況の中でも瞬発力だけで危機を対処できる能力の所有者だ。 ナ・ヨンソクPDがドラマと芸能のイメージを混沌としている理由が全くないと感じとも一脈相通じる。
ナ・ヨンソクPDは"こういう申し上げることはちょっとところが'本当に良い時期'と'花おじいさん'を一緒にご覧なっても関係なくないだろうかと思う"と冗談を言って、また、一度笑いを抱かれることもした。
一方、今回のスペイン編は昨年放送された'花よりねえさん'放映終了以後イ・スンジェ、シング、パク・グニョン、ペク・イルソプなどH4 4人衆とポーターイ・ソジンがまた会った旅行で、情熱の国スペインでの暖かい思い出を描く予定だ。
スペインでの新しい思い出が入れられたtvN '花よりおじいさん'は7日(金)午後9時50分ベールを脱ぐ。
-----------------------------------------------
花じいさん3 '生まれつきの天才ポーターイ·ソジンが期待される理由
OSEN 2014.03.05 16:11
ナ·ヨンソクPDがポーターイ·ソジンに対する期待感と信頼感を現わした '花よりじいさん」スペイン編への関心をさらに高めた。
ナ·ヨンソクPDは5日、ソウル麻浦区の会議センターで開かれたtvN '花よりじいさん」の記者懇談会で、放送を控えた所感と撮影過程について説明した。特にイ·ソジンのナ·ヨンソクPDは、ご年配の方たちに向けた彼の態度を賞賛し、 「最適のキャスティング」と言うこともあって注目を集めた。
ポーターとして、「じいさん」を祀るイ·ソジンの役割は大きい。性格も好みも異なる四人の祖父を祀るイ·ソジンは、スペイン旅行を介してレベル育ったと思われる。ナ·ヨンソクPDは「イ·ソジンさんが責任を感じるようだ」とし「先生たちもイ·ソジンさんのおかげでおられます。だから、イ·ソジンさんもどうすれば教師をより楽に、楽しく作成しようと思いの心をたくさんされるようだ "と話した。
ナ·ヨンソクPDは「花よりじいさん「旅のカギが'50年来の友人の旅」と述べた。観光よりもありのままの旅を見せたかった彼はスペイン編で「中級リュックサック旅行」を見せるために祖父に、以前よりも困難な状況を提示したと語った。
「花よりじいさん」スペイン編ではイ·ソジンの肩の荷が重い。先にフランス、スイス、台湾などではかなり簡単にポーター役割を果たしていたイ·ソジンがスペイン旅行では、変わった姿を見せることと期待を集めている。
ナ·ヨンソクPDは今回の放送観戦ポイントについて話していた中、イ·ソジンの姿を述べた。彼は「イ·ソジンと製作陣の極限の対決がたくさん出てくる」とし、「乱闘レベル」と言って笑いを誘った。
イ·ソジンは、第三の旅にあり、祖父とさらに親しくなった姿で撮影に臨んだ。ので、祖父をより楽に仕えるために製作陣たちから何でも奪って出そうとしたり、制作陣は放送のルールのために、これを阻止しようとしてみるといくつかの状況が発生したのナ·ヨンソクPDの話だ。真剣で正しい姿から脱したイ·ソジンが独特の魅力を披露するものとみられる。
ナ·ヨンソクPDは、さらにイ·ソジンの行動が「詐欺レベルに近づいてきた」と表現したが、彼は「お金をどうにか詐欺働いてお年寄りのためだとして頭をたくさん使った。製作陣が十日にわたって緊張の紐を離さずにだまされてしまわないようにと努力した"と付け加えた。
イ·ソジンは今回の旅行のために満開の準備をしたとする。ナ·ヨンソクPDは「スペインはイ·ソジン本人も初めて行ってみた私だ言語も通じないでイ·ソジンが初めて予習ということをした」と明らかにした。 「努力型天才ポーター」イ·ソジンが、今回の旅を通して色違い独特の魅力の多くを示すことが予告されて期待が大きい。
一方、「花よりじいさん」は、ナ·ヨンソクPDのバックパックを背負ったプロジェクトで、夕暮れのバックパック旅行をコンセプトに、イ·スンジェとシング、パク·グニョン、ペクイルソプ、そしてポーターイ·ソジンの旅行記を盛った。来る7日午後9時50分、スペインの旅の最初の話が公開される。
-----------------------------------------------
'花おじいさん'ナ・ヨンソクPD "イ・ソジンと製作スタッフの乱闘劇がポイント"
[現場] tvN '花よりおじいさん'スペイン編記者懇談会..."
'最高のポーター'イ・ソジン、変えるつもりない"
14.03.05 15:59 オーマイスターニュース
tvN <花よりおじいさん>シリーズを演出したナ・ヨンソクPDがシーズン3スペイン編の放送を控えて'ポーター'イ・ソジンに対して好評を博した。
ナ・ヨンソクPDは5日午後ソウル、麻浦区(マポグ)、老姑山洞(ノゴサンドン)で開かれた<花よりおじいさん>(以下<花おじいさん>)記者懇談会で"イ・ソジンは本当に良いポーター"としながら"今後もポーターを交替するつもりが全くない"と明らかにした。 彼は"イ・ソジン氏を抜擢理由は芸能的な面白さではなく年配の方に対する(謙虚な)態度のためだ"として"もう年配の方がイ・ソジン氏をとても信じて気楽だと考える"と伝えた。
<花おじいさん>を"老年俳優の友情旅行"と定義した私PDはプログラムに臨むモットーを"何を決めようが先生が楽しく"と伝えた。 引き続き"今後おじいさんもメンバーを交替するつもりがない"という私PDは"流れを破らないでさらにおもしろくすることができるセッティングでイ・ソジンは最適なキャスティング"と話した。
イ・ソジンは公開されたスペイン編の予告で"なぜ変に私だけ不安だろう"と話した。 ナ・ヨンソクPDは"フランス、スイス、台湾はイ・ソジンが一回ずつ行ってきた国と大きく準備しなかったが、今度は英語も通じない国と初めてイ・ソジンが予習をする姿を見た"として"以前には天才型だったから今回は努力型だ"と説明した。 加えて"イ・ソジンがどうすればいいのか分からなくて緊張して失敗を連発する姿を見ることができる"と耳打ちした。
スペイン編は'中級バックパック旅行'をコンセプトで進める。 お小遣は減ったしコースは増えた。 それだけ今回はサポーターイ・ソジンが料理をする機会が多かったと。 あまりにも料理に素質がないイ・ソジンの姿を見守った私PDは"本当の話反冗談半分で'<料理王ソジン>というプログラムを企画しよう。 するたびに失敗するプログラム'としながらイ・ソジンがずっと悩んだ"と伝えた。
加えて彼は"イ・ソジン氏がもう本当のおじいさんと旅行に行くという気持ちで臨む"として"責任感を感じるようだ"と話した。 そのような変化で今回の旅行では唯一イ・ソジンと製作スタッフの間のいざこざが多かったと。 彼は"年配の方を少しでも楽に仕えようとするイ・ソジン氏と製作スタッフの極限対決が乱闘劇レベルに出てくる予定"としながら"今回の便宜おもしろいポイントになるだろう"と明らかにした。
一方私PDは"スペインの見どころ、深くなった感情では、製作スタッフとイ・ソジンの対決"を観戦ポイントに選んだ。 今回のスペイン編はさらに窮屈な日程と深くなった話に戻る。 イ・スンジェ、シング、パク・グニョン、ペク・イルソプのH4(おじいさん4)と荷物屋イ・ソジンと共にするtvN <花よりおじいさん>スペイン編は来る7日金曜日午後9時50分に初放送される。

|

« 平壌冷麺店<本当に良い時代>ロケ地 | トップページ | イ·ソジン、キム·ヒソン、オクテギョンなど、「本当に良いチームワーク」 »

イ・ソジン テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平壌冷麺店<本当に良い時代>ロケ地 | トップページ | イ·ソジン、キム·ヒソン、オクテギョンなど、「本当に良いチームワーク」 »