« フックツイより | トップページ | イ·ソジン - キム·ヒソン、 「本当に良い相乗り」? »

2014年2月12日 (水)

カンドンソクって・・・

イ・ソジンが演るカンドンソクって複雑そう・・・

「君のために死ぬこともできるが、愛するという言葉はできない。 」
ぎゃ〜〜〜な台詞やね〜〜〜〜^m^ぶぶ
で、ありがちツンデレ?キャラですかね・・・・

111_1

カン・ドンソク castイ・ソジン(子役パクボゴン)
"チャ・ヘウォン! 君のために死ぬこともできるが、愛するという言葉はできない。 どのように私がそのようなことが出来るかい? 君に私が....あることがあるけれど....."
小川のメダカ一匹が龍で昇天する母の胎夢らしく誰にも1等を譲歩したことないIQ 150の天才的な頭脳に、村で見るのが難しい涼しくて貴族的なビジュアルの所有者.
息詰まる貧困、何年も帰ってこない道楽者な父、代を引き継いでひとの家シンモサリを免れなくなっている見るからにみすぼらしい母、村のあらゆる事件事故は引き受けて犯す情けない兄弟中でもドンソクはいつも屈しなかった。
母がシンモサリをしている慶州最高維持の娘へウォンを誘惑することにしたのは母親とドンオクのための復習であった。 痛くてヘジュのベッドで少しの間寝ついたドンオクを押し出して“どのようにしてニカッことが私の大事な娘のベッドで....”と伝染病患者として取り扱って、盗むこともしない指輪を盗んだと警察署まで行かせ一年遠謀に送る警告であった。
“へウォン! 私たちの誰もいないところに逃げる? お前の家族もなくて私たちの家族もない、全て私たちの2人だけでいることができるように”へウォンはすぐに荷物を包んで家を出たし、戦争はドンソクの勝利で終わった。
2014年. 検事になったドンソクは15年の間離れていた故郷へ発令が出た。 歓迎横断幕がかかった故郷に戻った日、路上でお話にならないけんかをしている兄と留置場でちょうど出所してまた他の事故を起こしている弟に会う。
目がくらむようだった。 深くて長いめまいがきた。
私がどのようにして再びここに戻ったのか...
うんざりする家族がいて、初恋へウォンがいるこちらで...

|

« フックツイより | トップページ | イ·ソジン - キム·ヒソン、 「本当に良い相乗り」? »

イ・ソジン テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フックツイより | トップページ | イ·ソジン - キム·ヒソン、 「本当に良い相乗り」? »