« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月14日 (月)

お、終わったね・・・・「イ・サン」。

昨日はBS2の「イ・サン」最終回放送やったもんで

ひさびさ見てみましただ・・・。

一話につきもう何回も繰り返し見てるんで・・・^^;

内容もよく知ってるんだけど・・・

やっぱり最後は毎回

「ソジナ、よう頑張ったなぁ~」って思いますね・・・・。

最初は主役にしては地味とか言われてたけど・・・

もともと育ちの良いひとだけに・・・

やっぱり気品ある役やらせると上手いよね。

滑舌も最初よくなかったけど・・・監督に指摘されたりで

努力したから上手くなったよな~

ほんと77話(長いよね^^;)よう頑張りましたわ・・・。




ひさびさこっちに書き込みしてるんで他にも書いておくかな・・・。

だいぶ前の記事ですが・・・・^^;

先月、1月17日に行われたキムミョンミン、ハンジミン出演の

「朝鮮名探偵」VIP試写会についての記事でも・・・。

ハンジミンの招待でイ・ソジンも来てたんですよね^^

ニュース動画にも何個か上がってましたし(Mnet他)

英祖役のイ・スンジェ、エリックも参加してました。

--------------------------------------------------

'朝鮮名探偵'寒波溶かした熱い反応! VIP試写会盛況裡開催

各種アンケート調査で見たい映画1位を占めて来た、オフラインを熱い雰囲気にしている映画<朝鮮名探偵>の力強い魅力に大韓民国スターらもどっぷり浸かった。 去る17日夕方メガボックス コエックスで進行されたVIP試写会を探した大韓民国代表スターらは<朝鮮名探偵>の、キム・ミョンミン、オ・ダルス、ハン・ジミンの魅力にどっぷり浸かって笑いを隠すことができなかった。

去る17日夕方メガボックス コエックスで開かれた映画<朝鮮名探偵>のVIP試写会に大韓民国スターらが総出動した。 鋭い寒波にもかかわらず、カン・ジファン、ユ・ジテ、キム・ジュン、ソ・ユジン、ソイ、エリック、イェ・ジウォン、オン・ジュファン、コン・ヒョンジュ、ユン・ソイ、イ・スンジェ、イ・ソジン、チョ・ジンウン、チョン・リョウォンなどが参加して席を輝かせた。

特にエリックは除隊後初めて公式席上に姿を表わして目を引いたし、ドラマ<イ・サン>でハン・ジミンと呼吸を合わせたイ・ソジンは‘ハン・ジミンの招待で来たが期待がたくさんなる’として[イ・サン]の後に続いて正祖時代フィクション史劇熱風を起こすという期待感を表わした。

映画が終わった後には一層熱い反応をのぞくことができた。 普段キム・ミョンミンとも懇意にしていて、ハン・ジミンとはドラマ<イ・サン>で呼吸を合わせたことがあるイ・スンジェは"精魂を込めてよくとった映画のようだ"と話して後輩演技者らに対する賞賛を惜しまなかった。

共に劇場を探した二人の親しい、チョン・リョウォンとソイは"ハン・ジミンがとても美しくよく出てきた"として<朝鮮名探偵>ファイティングを叫んだ。 ある媒体とのインタビューを通じてハン・ジミンとの特別な縁が明らかになったノ・ヒギョン作家はおもしろく見たという話を繰り返しながら劇場を出た。

キム・ソギュン監督の前作<オールドミス ダイアリー>に出演したイェ・ジウォンは“初めての場面から笑いを止められなかった”として<朝鮮名探偵>の善戦を祈った。 キム・ミョンミン、オ・ダルスの名品コンビ演技、ハン・ジミンのカリスマ変身など新しさと楽しみがいっぱいである映画<朝鮮名探偵>の魅力にどっぷり浸かった大韓民国代表スターらに続き、もう大韓民国代表国民がこの映画に陥る日だけ残った。

映画<朝鮮名探偵>は朝鮮一番の名探偵がホ党と天才の間を行き来して特有のしらじらしいということと才覚を武器で朝鮮を揺るがす巨大なスキャンダルを暴く朝鮮最初の探偵劇. 去る17日いよいよベールを脱いで姿を表わした<朝鮮名探偵>は報道機関と観客らの熱い呼応を得ている。

愉快なコミック演技とスリルあふれる話で正月連休代表娯楽映画と指折り数えられている<朝鮮名探偵>は1月27日封切り予定だ。

--------------------------------------------------

イ・ソジン、「イ・サン」では撮影中

ハンジミンをからかってばかりだったので(本人は可愛がってるつもり、笑)

嫌われてないか心配だったけど・・・

招待してくれたみたいなんで・・・とりあえず(笑)



この記事だいぶ前のですが・・・

↑この映画、結局ヒットはしたのだろか・・・???(笑)

| | コメント (2)

2011年2月 1日 (火)

イ・ソジンが韓国公式にコメント♪

ひさびさ韓国公式に、現れましたね、イ・ソジン^^

今日NYに出発だって~~~

いってらっさ~いpaper

すぐに良いニュースが・・・ってドラマ?

期待しよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ^^

--------------------------------------------------

皆さん!
新年福を沢山もらって常に健康で幸せになってください!
新しい作品のニュースを文で残そうとして見たら
ふわりと新しい年になってしまいましたね!
まだ決まりはしていませんが
まもなく良いニュースがありそうです!
もう少し根気よく待っていて下さい!

誕生日祝って下さったすべての方ら深く感謝申し上げて
若くない歳だが今年もがんばってみます!
今年は国内外で忙しい一年になると思います!
それでは私はこれくらいにしてニューヨークに行ってきます!
アンニョン^^

--------------------------------------------------

「若くない」って書いてるのが笑える( ´艸`)プププ

| | コメント (0)

イ・ソジン、5月に現代メロ?

honmasaさん

教えてくださってありがとね~

暇になったら運用会社について調べてみようと思ってたのよね(笑)


やっぱり・・・「常務」(いや「本部長」か・・・)になったのは

お爺ちゃんの関係からなのね・・・

ちゃんと出勤してるんだ・・・( ´艸`)プププ


ドラマ、5月に現代メロですか・・・

まだまだ先ですね・・・もっと遅れる可能性もあるわよね・・・

メロっていうことは・・・

例の「皇帝のために」とは路線違うよね?

「皇帝・・・」は話無くなったのだろね~


--------------------------------------------------

イ・ソジン「経営学が肌に合わず俳優になったが結局…」
11.02.01 10:05

ドラマ「チェオクの剣」「イ・サン」の韓流スター、イ・ソジン(38)が新たなプロフィールを追加した。金融専門家だ。

アスクベリタス資産運用は31日、イ・ソジンをグローバルコンテンツ第2本部の本部長(常務)として新規任用すると明らかにした。2009年4月に設立されたアスクベリタスは、知的財産権や不動産など代替投資に特化された資産運用会社。受託規模は20億ウォン(設定原本基準)、資本金は61億ウォンだ。イ・ソジンはコンテンツ関連のファンド業務を担当することになった。

イ・ソジンはこの日の電話インタビューで、「普段から経営に関心もあり、俳優として文化産業に寄与できる機会と考え提案を受け入れた」と話した。

直接的な契機は同社のイ・ヒョクチン代表との親密な関係だ。イ代表がCJ資産運用に在籍していた当時、イ・ソジンが主演した映画「無影剣」に投資したことがあるほか、イ代表の父がイ・ソジン氏の祖父とともに勤めていたという縁がある。

イ・ソジンの祖父はソウル銀行頭取・第一銀行頭取を歴任した故イ・ボヒョン氏だ。また、父親の故イ・ジェウン氏は安興(アンフン)相互信用金庫代表理事を務めた。米ニューヨーク大経営学科を卒業したイ・ソジンは1999年のデビュー当時から芸能界の代表的な“お坊ちゃん”と呼ばれた。彼は「経営学が合わないので俳優になったが、結局これ(金融)を併行することになった」と笑った。

「会社が現場経験のある人が必要だとして2カ月にわたり説得してきました。若い時の経験にもなるようで、市場の側面から見ても総合編成チャンネルもでき韓流も拡大していることから、俳優としても金融家としてもプラスになると思います」。

イ・ソジンは役員級年俸に成果給契約をし、2週間前からオフィスに出勤もしている。「会社員生活は初めてでぎこちないけれども、始めた以上は迷惑にならないようにしなければ。良い作品を積極的に発掘し、関連投資を引き出して成果を出します」。彼は2009年のドラマ「魂」以後国内での活動がなかった。これまで日本で環境基金「レッツツリー」と青森広報大使などの仕事をした。日本の鳩山由紀夫前首相夫妻がイ・ソジンのファンだとしてしばしばメディアに登場することもあった。

イ・ソジンは、「鳩山前首相がこの前“イ・ソジンのお母さんが漬けたキムチを食べ新年を始めた”と話したと聞いた。首相から退いた後もしばしば訪ねていき親しく付き合っている」と話した。3月27日からはNHKで彼の代表作「イ・サン」が放映される。

「良い作品ができれば俳優として当然作品活動に最善を尽くすでしょう。次回作は現代メロ物を検討中で、早ければ5月ごろテレビでお会いできそうです」。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »