« ソジナ、お誕生日、おめでとぉぉぉぉぉぉぉぉ | トップページ | イ・ソジンが韓国公式にコメント♪ »

2011年2月 1日 (火)

イ・ソジン、5月に現代メロ?

honmasaさん

教えてくださってありがとね~

暇になったら運用会社について調べてみようと思ってたのよね(笑)


やっぱり・・・「常務」(いや「本部長」か・・・)になったのは

お爺ちゃんの関係からなのね・・・

ちゃんと出勤してるんだ・・・( ´艸`)プププ


ドラマ、5月に現代メロですか・・・

まだまだ先ですね・・・もっと遅れる可能性もあるわよね・・・

メロっていうことは・・・

例の「皇帝のために」とは路線違うよね?

「皇帝・・・」は話無くなったのだろね~


--------------------------------------------------

イ・ソジン「経営学が肌に合わず俳優になったが結局…」
11.02.01 10:05

ドラマ「チェオクの剣」「イ・サン」の韓流スター、イ・ソジン(38)が新たなプロフィールを追加した。金融専門家だ。

アスクベリタス資産運用は31日、イ・ソジンをグローバルコンテンツ第2本部の本部長(常務)として新規任用すると明らかにした。2009年4月に設立されたアスクベリタスは、知的財産権や不動産など代替投資に特化された資産運用会社。受託規模は20億ウォン(設定原本基準)、資本金は61億ウォンだ。イ・ソジンはコンテンツ関連のファンド業務を担当することになった。

イ・ソジンはこの日の電話インタビューで、「普段から経営に関心もあり、俳優として文化産業に寄与できる機会と考え提案を受け入れた」と話した。

直接的な契機は同社のイ・ヒョクチン代表との親密な関係だ。イ代表がCJ資産運用に在籍していた当時、イ・ソジンが主演した映画「無影剣」に投資したことがあるほか、イ代表の父がイ・ソジン氏の祖父とともに勤めていたという縁がある。

イ・ソジンの祖父はソウル銀行頭取・第一銀行頭取を歴任した故イ・ボヒョン氏だ。また、父親の故イ・ジェウン氏は安興(アンフン)相互信用金庫代表理事を務めた。米ニューヨーク大経営学科を卒業したイ・ソジンは1999年のデビュー当時から芸能界の代表的な“お坊ちゃん”と呼ばれた。彼は「経営学が合わないので俳優になったが、結局これ(金融)を併行することになった」と笑った。

「会社が現場経験のある人が必要だとして2カ月にわたり説得してきました。若い時の経験にもなるようで、市場の側面から見ても総合編成チャンネルもでき韓流も拡大していることから、俳優としても金融家としてもプラスになると思います」。

イ・ソジンは役員級年俸に成果給契約をし、2週間前からオフィスに出勤もしている。「会社員生活は初めてでぎこちないけれども、始めた以上は迷惑にならないようにしなければ。良い作品を積極的に発掘し、関連投資を引き出して成果を出します」。彼は2009年のドラマ「魂」以後国内での活動がなかった。これまで日本で環境基金「レッツツリー」と青森広報大使などの仕事をした。日本の鳩山由紀夫前首相夫妻がイ・ソジンのファンだとしてしばしばメディアに登場することもあった。

イ・ソジンは、「鳩山前首相がこの前“イ・ソジンのお母さんが漬けたキムチを食べ新年を始めた”と話したと聞いた。首相から退いた後もしばしば訪ねていき親しく付き合っている」と話した。3月27日からはNHKで彼の代表作「イ・サン」が放映される。

「良い作品ができれば俳優として当然作品活動に最善を尽くすでしょう。次回作は現代メロ物を検討中で、早ければ5月ごろテレビでお会いできそうです」。

|

« ソジナ、お誕生日、おめでとぉぉぉぉぉぉぉぉ | トップページ | イ・ソジンが韓国公式にコメント♪ »

イ・ソジン その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソジナ、お誕生日、おめでとぉぉぉぉぉぉぉぉ | トップページ | イ・ソジンが韓国公式にコメント♪ »