« パク・シフファンミーティングLOVING SHOW、1月放送!! | トップページ | よく分かんないです、イ・ソジン »

2009年12月 1日 (火)

いったいどの役だったのだろう??(※追記あり)

ちょっと前の記事ですが

イ・ソジン来日で・・・バタバタしてたらアップするの忘れていた・・・(笑)

http://www.wowkorea.jp/news/enter/2009/1127/10064941.html

韓国でのファンミのときにもイ・ソジン言ってましたよね~

ビョンフン監督から「商道」の頃からオファーがあったと・・・

「チャングム」「ソドンヨ」でも・・・・

どの役だったのかな???色々妄想してしまう・・・^^

写真は↓DVDの特典インタビューの写真なのかな??初めて見るかも。

Sun_g02

---------------追記---------------

こっちにも特典映像インタビュー内容が少し載っています。

ビョンフン監督、延長しないから・・・・って

約束してたんだね(笑)↓↓↓

でも結局延長・・・(笑)

http://ni-korea.jp/news/index.php?id=091127c

インタビュー初公開映像みたいだね・・・

DVD、かなり気になってきたわ(笑)

|

« パク・シフファンミーティングLOVING SHOW、1月放送!! | トップページ | よく分かんないです、イ・ソジン »

イ・ソジン その他」カテゴリの記事

コメント

チャングムはもちろんチジニの役でしょね。
違和感はないですね。

~~~~~~~~

クリスマスバージョンになってる!
12月だものね・・・もうすぐお正月(笑)

投稿: モルダー | 2009年12月 1日 (火) 17時39分

ソドンヨだったら・・・
そっちもshineshine役だったんでしょうかね~~

とうぶんは
時代劇は出ないと思うけれど
また出てほしいなぁ・・・短めの話数で(笑)

そう。テンプレ、クリスマスに変更したんですよ。
手帳見てたらいつのまにか12月・・・
1年早いですよcoldsweats01

投稿: ゆん | 2009年12月 1日 (火) 19時41分

投稿: ruthchiu | 2009年12月 1日 (火) 20時24分

ruthchiuさん

韓国でも客員教授のニュースが
流れたんですね~~^^

春からの動きになるんでしょうか?
若い学生さんたちとイ・ソジンが
良いコミュニケーションが
取れると良いなぁと思うんですが・・・

講義内容、気になりますね^^

投稿: ゆん | 2009年12月 1日 (火) 21時18分

韓国で、彼は2回が大学まで(へ)1日講師を担当することがいます

2 video

http://www.tudou.com/programs/view/nAVK5Xnmbb0/

http://www.tudou.com/programs/view/q_gVLK293Uo/

私は本当に自分がその中の学生の1つなことを望みます

投稿: ruthchiu | 2009年12月 1日 (火) 22時06分

投稿: ruthchiu | 2009年12月 1日 (火) 22時27分

いつもありがとうございます^^
日本からアクセスだと
上記動画、再生サービスが受けられない
みたいですwobbly

でも2004年と2006年に
教壇に立ってる動画は見たことあります^^
2006年のものはso-netでも取材されて
日本でも放送されました。
懐かしいですね^^

投稿: ゆん | 2009年12月 1日 (火) 23時17分

if put youtube
can you see??

投稿: ruthchiu | 2009年12月 1日 (火) 23時35分

youtubeは
再生できます^^

投稿: ゆん | 2009年12月 1日 (火) 23時45分

ok~~ I put youtube later...

and share with you...

投稿: ruthchiu | 2009年12月 2日 (水) 08時25分

ruthchiuさん

ありがとう~~^^
久しぶりに見ましたこの動画。
若い学生さんに囲まれて
嬉しそうですね・・・。

ヒットドラマに出てるとイベントの
盛り上がりも違いますね~。
イ・ソジンには
早く次回作に出てほしいなぁ。

投稿: ゆん | 2009年12月 2日 (水) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パク・シフファンミーティングLOVING SHOW、1月放送!! | トップページ | よく分かんないです、イ・ソジン »