« フリーズは週2回放送?? | トップページ | 結局表紙は・・・・「韓国ドラマガイド イ・サン」 »

2009年8月21日 (金)

緊張感漂ってますか?

17日に6話撮ってるわけだから・・・
やはり撮影は放送日ギリギリまでやってるわけですね・・・

わたくし、4話で視聴ストップ状態でして・・・・^^;
(3話が流れが悪かったよーに思う・・・・)

記事読んで展開知ってる状態です・・・^^;


200908202341201020_1


‘魂’イ・ソジン-キム・ガプス花火対決‘劇的緊張感好調’

ニュースエン2009-08-21 08:36

MBC納涼特集劇‘魂’が悪の処断者イ・ソジンと悪の化身キム・ガプスの対決を本格化させて劇の緊張感を精一杯高めている。

20日放送された‘魂’ 6回分では犯罪プロファイラーシンリュ(イ・ソジンの方)と勝率100%の弁護士ペクトシク(キム・ガプスの方)の火花散る神経戦が広がって視聴者たちの目を引いた。

ペクトシクの息子ペク・ジョンチャン(柔軟席の方)はシンリュがハナ(イム・ジュウンの方)のビングの能力を通じて引き出した怨みの霊らに苦しめられて狂っている状態. ヘウォン(イ・ジンの方)に精神分析相談を受けに来たジョンチャンはリュを見るや狂気を起こして乗せられていったしリュは慌てたトシクに向かって“大韓民国を聞いて置いたってしても子供だけは思い通りならないでしょう?”として告訴したように微笑を浮かべた。

トシクはその時始めて20年前シンリュとの悪縁が思い出すとし,彼の復讐心を掘り起こしたし“この頃おもしろい事件がとても多かったのにみな私の依頼人らだ。 明確に私に残念がある奴のことなのにまさに柱の内側を打たないで徐々に猫のように近づいている”と鋭くリュをにらんだ。 これに負けなくて“ペクトシクが最も守りたいのが何か?”として彼の不安感を刺激するリュの姿が劇にみなぎる緊張感をプレゼントした大きな課題.

トシクはまもなく誰何らをさせて,自身を圧迫してくるリュとハナをなくすことを命令したし,かろうじて死ぬ思いの峠を渡したリュはその間自分の周辺で起きた事故も皆トシクのことであったのを知って怒りにからだを震えた。

一方リュが自身のピンウイヌン力を利用して,殺人を犯した事実を知って心の扉を閉じたハナはやはりトシクの誰何に襲撃にあった。 自身を命を救った代わりにママ(キム・ソンニョンの方)をなくした事実に鬱憤を晴らしたハナはリュに“私が隠れてしまって,ママが死んだ。 おじさんが計画をたててくれたらママ死ななかったのに..”としてこれからリュとともに悪の処断者に出ることを決心した。

悪の根源のトシクとその根っ子を抜くために出たリュの対決がこれからどのように繰り広げられるのか本格軌道に乗った劇の展開に視聴者たちの気がかりなことが集められる状況.

この日放送後視聴者らは‘魂’視聴者掲示板を通じて“これから本当に本格的なストーリーが始まるようだ” “悪の化身ペクトシクが凄惨に消える姿をはやく見たら良いだろう” “たとえシンリュは悪を悪で返すが,その姿がとても痛快に感じられる”という意見らを伝えてシンリュとペクトシクの対決に濃い興味を表わした。


2431

魂'イム・ジュウン・イ・ソジン,
一致協力して,絶対悪懲らしめるか

TVリポート原文記事転送2009-08-21 08:42

ハナ(イム・ジュウンの方)がついに悪魔の手を握った。

20日放送されたMBC 10部作納涼特集劇'魂'では自身を利用して,人を殺すとし怒ったハナがママの死でシンリュの提案を受け入れるような場面が電波に乗った。

去る5回分でハナはその間のぞっとしたことらが夢でない現実であることを知ることになって自身をそのように作った人やはり犯罪プロファイラーシンリュの催眠のためという事実に衝撃を受ける。

妹トナ(地縁の方)の死後怪力を持つようになったハナ,シンリュはハナの力を利用して,悪の輩を処断しようとする。 怪物を捉えるために犯罪プロパイルロがなったが法には彼らを処断できないという事実に無力感を感じたリュがハナを通じて,彼らを社会から永遠に隔離させようと思うこと。

しかしハナは"どのように出る利用して,人を殺せるか?"として問い詰めたしリュに強い背信を感じた。 リュは"くやしく死んだ人々を慰めてくれることができる力が私たちにある。 共に絵をワンソンヘガジャ. そして後ほどその方の前に行って話そう。 '神様,絵を完成しました'"とささやく。

苦しんでリュから逃げたハナは心の扉を締めてしまう。 しかし6回分でママを失ったハナは"私が隠れてしまって,卑怯に無視して,ママが死んだことでしょう? おじさん(シンリュ)が計画をたててくれたらママは死ななかったであろうに..."として惜しむ。

閉じられた心の扉を少しずつ開き始めたハナは友人とともにげらげら通りを過ぎ行く女子高生を見て"もう再びチョテで帰ることができないでしょう?"と繰り返して言って起こる。 帰ってくることはできない川を渡ったことを受け入れるハナ. リュに今一度強い信頼を感じるハナが悪魔に変わっていくリュと手を握るような印象を匂わして終えられて,以後内容に期待感を加えた。

一方からだを惜しまない俳優らの熱演と緊張感あふれる展開,社会不条理を告発する内容など視聴者たちの好評があふれているなかで20日放送された'魂'は9.1%の視聴率を記録して樹木劇びりに終わって残念な思いをした。

------------------------------------------------------------

'魂'シンリュがサイコパスであろうか? 反転に関心増幅


ティブイデイルリ原文記事転送2009-08-21 09:06

MBC '魂'が悪魔的気質を徐々に表わすシンリュ(イ・ソジン)の姿を本格化して視聴者たちの関心を高めさせている。

劇中シンリュはサイコパスらを見抜く天才犯罪プロファイラーで活躍している人物に描かれる。 序盤ハナ(イム・ジュウン)を助けて正しいように見えた行動が彼の過去の歴史とかみ合わさって新しい局面を迎えた。 家族を殺害した連続殺人マドゥルを懲らしめるためにハナを利用していることが明らかになったこと。

そうした中で一部視聴者たちはシンリュ自らがサイコパスというのがこのドラマの反転ではないかという推測を取り出しておいてドラマに対する好奇心を増幅させている。

20日放送ではサイコパスに対して講義して彼らを隔離させなければならない理由に対して熱弁を吐くシンリュの姿が世間の注目を集めた。 そうした中で精神科医師のガールフレンドが精神を鑑定する時使われたりする絵を見せていたずらに尋ねる大きな課題で絵を見てぞっとする殺害現場の死体らを連想して自らびくっと驚くシンリュの姿が描かれた。

'復讐'という(のは)名前の下シンリュ自らが殺人自体を楽しむことになるぞっとするサイコパスになって,それがこのドラマの反転ではないかという推測に力を与える大きな課題だ。

これと共に劇開始部にお目見えしたシンリュ-ハナの場面に対する推測らも続いた。 開始部ではハナがシンリュの首をしめて"殺してくれ,私の中に悪魔がある"と訴える場面が繰り広げられて熱い関心を集めたことがある。

これにある視聴者は現在シンリュと敵対しているあくらつな弁護士ペクトシク(キム・ガプス)が死にいたることになってハナにピンウイドェは設定ではないかという予想を取り出しておいた。 こういう推測らはハナとシンリュの歩みがどんな運命をむかえることになるのかに対するファンたちの熱い関心度を垣間見られる。

このように'魂'はおばけ扮装だけで背筋が寒くなることをかもし出す単純な恐怖物でなく復讐心と怒り,残忍さが潜在された人間の内面を鋭く暴く心理恐怖物で居間視聴者たちの注目をひきつけている。 果たして'魂'がどんな反転をお目見えしてwell made心理恐怖物で傍点をつけてくれるのか期待と関心が集まっている。

|

« フリーズは週2回放送?? | トップページ | 結局表紙は・・・・「韓国ドラマガイド イ・サン」 »

イ・ソジン テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フリーズは週2回放送?? | トップページ | 結局表紙は・・・・「韓国ドラマガイド イ・サン」 »