« イソジンも初々しかったっ!(笑) | トップページ | 「魂」第4話・その2(イ・ソジンの場面) »

2009年8月23日 (日)

「魂」第4話・その1(イ・ソジンの場面)

↓※「続きを読む」をクリックすると表示されます。

「魂」第4話

#.4 催眠室(昼間)

リュ. 若干驚いた顔. 催眠を通じて,ハナの話をちょうど聞いたところだ。
ハナ,腕を表わして,まだ疲れてだるい顔で長いソファに目をとじて座っている。
リュ,ハナの腕を見る。
爪に深く割れた傷と血豆いっぱいである。
(リュ後方に全身鏡)

#.5 催眠室

ハナ,目を開いた。 疲れてだるいが愛情と信頼の目つきでリュを見る。

ハナ:何か.. 悪いことが起きています。。 ところで。 記憶がよく出ないです。。
リュ:(お茶一杯あげて)..大丈夫。 記憶というのはどうせ詐欺師であるから。 信じることができなくて。
ハナ:(湯飲み茶碗受けて)いつも夢を見ます。 ところで。 夢ではありません..
常にトナが見えます。 いや。 それはトナでない。 私が知ってるトナではありません。
いや。 わたしなの..?  (恐ろしい)出た誰でしょう。 いったい私,どんなことをしているんです..?
リュ:(そのまま見て)..ハナ。 これだけ知っておいて..
今までどんなことがあろうが。 またこれからどんなことが起きようが。 それは君の誤りでないのさ。
ハナ:(わっと..慰めになる。 ア..) ありがとう。..!
そのように言ってくれるのを見送りました.. 誰かそのように言ってくれるのを..

瞬間. ハナ,突然チック障害ある人のように頭をチック,チック,折る。
リュ,!! 注目して。
ハナ,頭ぷつんと折って。
瞳が左右に早く動く。 ますますはやくなる。 とてもはやくなる。
頭ますますひどく折れて.. ハナ,結局勝てないようにこれからゆっくり転んで..
すぐ頭を上げれば。
平安なことはハナの姿. ソファに深々と座る。 そしてリュを見る。 見慣れない目つきで。

リュ:(疑わしい)ハナ。..
ハナ:(トナ声)姉さんを行っておきます。 姉さんはちょっと寝なくてはなりません。
リュ:(!! ひょっとして)... トナなの?
ハナ:... (涼しくリュ見るばかりだけれど)

リュ後方の鏡に映る姿は。 トナだ。

リュ:トナ、 姉さんが非常に大変で。 なぜ姉さんを疲れさして。 姉さんを好むじゃない。
ハナ:(トナ声)約束しました..

#.7 催眠室

トナ:初めから。 最後まで。
リュ:そのような形で話してみても。
トナ:(??!!)
リュ:姉さんを利用して,復讐しているだけだ。 そうだろ?
ハナ:(表情ひやりとして。 立ち上がって/トナ声)どうせ。 死んで当然な人々が死んだよ。
リュ:(叱るような表情で見れば)
ハナ:(トナ声)そんなに正しい顔しないで下さい。
(リュ耳元に顔をぴたっと持っていって)あなたも。 法がないならば。
殺してしまいたい人々がいないですか..?
リュ:(!!ちょっとささる。 すばやく)..姉さんと先に話さなければならなくて。

リュ,起きて,ハナ回してたてれば。 トナ。

リュ:(トナ目を深く覗いて見て)ハナ。。 ユン・ハナ...
トナ:(嫌いなように顔しかめて首を横に振る)...
リュ:ハナ。。 ハナが,話したくて..!

トナ,からだと意識が戦うように苦しくからだを捻る。 頭ぷつんと折れて。

トナ:(大変な)姉さんを放っておいて...!

全身鏡に金ががあん行く。

リュ:(もう少し強く)ユン・ハナ! 私の声聞こえるだろう。。!
トナ:(かっと)姉さんを放っておけと、いってるでしょ!!

鏡に金が早くじゃあじゃあと行くと。 ガチャンとバンと。 爆発する。
ガラス破片騒がしく飛んで。 リュ,置くかをかばって保護してくれる。
リュ,大丈夫か置くようならば。
トナ,頭ぷつんと折る。 背を向ける時ごとにハナとトナの顔がかわるがわる現れる。

リュ:(発作するハナの手をぎゅっと握って。 親しく)ハナ..

=瞬間. 2部でハナとリュが手を積み重ねたカット. 顔平穏になったハナ.

ハナ,激烈だった発作.. 徐々にだんだんなくなる.. やがて平穏になり...
ハナ,ゆっくり目を開く。 眠りから覚めたような顔.
ハナ,リュを見れば。 リュほおに血が何滴固まった。

ハナ:(驚いて)ケガしました..? 私がまた。 害をしたんですか...?(悲しい)
リュ:(いやいや)...隠れろといったではないか,ハナ。
恐ろしい人々がくれば君だけの部屋に隠れろといったではないか。
ハナ:(こくんと)..ところで。 どうしなければならないのか分からないです..
その時は助けてくださったから..
リュ:君の心にすでにその部屋があって。 彼らがくれば。 まわって。
そして集中して。 それでは見えるのだ。
その時走っていって隠れるの。 その扉は君だけ開くことができて。 安全で。
ハナ:(...こくんと!!)

#.8 催眠室の外

リュ,そのまま門を閉めて出てくる。 無愛想な表情で。

#.9 へウォン診療室

ヘウォン,リュにアイスコーヒー一杯与えて。

ヘウォン:憑依の?
リュ:精神医学側ではまだ認定しないか?
ヘウォン:解離性多重人格障害と似ていることはするんだって。 ちょっと違って。
多重人格障害は。 ひとりの人格が何個で分離する巨体.
憑依は.. 最初から他の人の魂が入ってくることだといっていたが?
リュ:(フッ)語り口見るから。 まだ認めないということだね?
ヘウォン:まだ。 科学でも医学的に証明されたのではないから。
リュ:科学や医学というのは。 私は私の目に見えることだけ信じて。 そうしたことだから。
ヘウォン:チ. 私がするのはみな不適当だろう? ^^
リュ:ところで.. その多重人格障害も.. 力が強くなり.. 見えなかったことが見えて。 そうするのか?
ヘウォン:いや。 それも憑依と違う点だ。 暴悪な性格があらわれることはあるが。
リュ:(そうだな...)
ヘウォン:なぜ.. ハナが憑依と同じ?
リュ:ア,違う。。 (するけれど)

リュ,電話鳴る。

リュ:(液晶見てうれしく受ける)オ-!

#.10 科学捜査事務室(場所変更)

分析官,分析資料持って見て気持ち良い顔で携帯電話で通話中だ。
その前にはジョンチャン ライターとジョンチャン髪の毛が
各々物証用ジッパーバックに入っている。
ジッパーバックの上に証拠番号ステッカー各々ついたし。

分析官:(分析資料持って見て,通話)オイ。 シン・リュ.
     君がジューンこのライターと髪の毛..
     互いに一致するのが良いのか,違うのが良いのか。

#.11 ヘウォン診療室

リュ:(通話)..100%一致すること。

#.12 科学捜査事務室

分析官:(ジョンチャン ライターと髪の毛,文書資料などを
ビニールコーティングされた書類封筒に入れて/通話)
それでは君. 今日私がクリスマス贈り物あらかじめ与えることだ!? ^^

#.13 ヘウォン診療室

リュ:(通話/明るい)..オ. そうだ,そこ! (間)そうだ,今すぐ行くから!
(切って)
ヘウォン:(何がそのように楽しくなる? する表情で尋ねる)
リュ:(電話まさにかけなおして,ヘウォンに取り替えるように-目くばせで挨拶して出て行く/通話),
チャン刑事. ファン検事に裁判準備されろと伝えて下さい。。

#.18 カフェ(午後)

全面ガラスになった。 2階以上の。 窓の外で交差点見下ろせる。
窓側に座ったリュ,気持ち良い。 窓の外見回すけれど。

分析官の友人,向い側交差点の前にきて立つ。
手には通話する時のそのビニールコーティングされた書類封筒聞いた。 道行く人何なくて。

リュ,友人見て顔明るくなる。 携帯電話で電話番号探してかける。

信号青い火に変わって。
分析官,渡る。 渡って,電話受ける姿見せる。

リュ:(見通して通話)オ,2階でワァー

分析官,笑って電話に当てて(に対し)何というけれど。 瞬間.
ポオン-! 分析官の通話中の携帯電話が爆発する。
分析官. 銃合った人のようにはねられてぶうっと-道端に飛んで行って落ちる。

リュ,信じられない。 電話耳に当てたまま... 夢のようだ見て立ったが..

道行く人ら,爆発に驚いて避けて分析官周囲にタジタジ近付いて。

リュ,その時始めてしっかりして(狂う)及ぼしたように飛び出す。

#. 19 交差点(同時刻)

車両こんがらがっていて道行く人ら分析官死体周辺で道行く人ら囲んだ。
その道行く人らを荒々しく割り込んではリュ. 見れば。
大字で横になった分析官. 顔半分が爆破されて飛んで行った。 片方の目だけ合浮かび上がった。
リュ,見ながらも信じられない。 どっかり座り込んで,分析官胸と首に手をつけてみるが。 即死.

そのような間. 少し落ちた位置に。
溶けてしまった分析官の携帯電話と書類封筒.
素早く抜け出しているジョンチャン ライター(証拠パックに入った)が野次馬らであっちこっちぷつんとけられている。
そうするうちにその書類封筒とライター早く収拾していく男の手..

リュ,分析官の片方の目を静かに巻かれて友人の半破された顔を胸に抱きしめる.. 魂が抜けた。

#.20 科学捜査事務室廊下-エレベーターの前(同時刻)

リュ,かたい顔でエレベーター側に行っている。 その上に。

OFF. チャン刑事:ないです。 その交差点周辺をこの捉えるように遅れをとったが。 探せませんでした..

リュ,エレベーターの前にみなきて。 誰か見てびくっと。 そびえ立つ。
ジョンチャンのあどけない弁護士(以下キム・ユンオ)が書類がばんを持ってエレベーター待って立っている。
キム・ユンオ,視線感じて見て回る。 リュ報告はにっこりと笑って目礼する。
リュ,歯軋りしてエレベーターの前に行って立つ。

ユンオ:友人の方葬儀はうまく行いましたか。
リュ:(恐ろしく見る)...
ユンオ:検察側,唯一の物証のライターを紛失されたんですって。
リュ:(にらむ)..
ユンオ:その髪の毛一つ得て差し上げるのに私も私の依頼人に悪口多少食べましたが..
     ところで何. そのようにあくせく(執拗に)そうされることありますか。
リュ:(?? 見れば)
ユンオ:よくご存知だろうが。
     どうせ青少年犯罪はいくら罪質が悪くても刑量が軽いです。 
     保護観察程度は前科記録も残っていません。
     それでこそ完ぺきに新しい出発できるからです。 (にっこり笑ってみせる)
リュ;(こいつが今何をすることだね..? 見るけれど)
ユンオ:教化,更生が可能なのですか..
     (自分の胸をトントン叩いて)更生された良い例でしょう。
リュ:(なんだ.. にらむけれど)
ユンオ:エイ. 見覚えおありにならないな。 私は初めて見るやいなや調べてみたが。

キム・ユンオ,リュ目の前に手首を上げて見せる。 手首に赤い斑点.
リュ. !!! 雷に打たれるようだ。

#.21 リュ昔家-の前. 廊下(夜. 過去)

とても古い方式アパート. 廊下式. 廊下がとりわけ長いアパート.
窓の外に雨が降っている。

ポケベルの声.
女子高1年,ソイ(リュの妹),ポケベル確認する。 笑う。
雨傘で雨水がぽたぽた落ちる。

ソイの家は廊下一番端家だ。
ソイ,家の前に至ったが。 はっと。 文が少し開けている。 光がもれている。
ソイ. 開かれたドアの隙間で中を覗いて見れば。

17才のリュ,クツワされて,食卓椅子に座らせて,
手後回しにして,椅子とともに縛られている。 足首も。
頭で血流れていて。
ママはクツワされてひざまずかせて縛られていて。 ぶるぶる震える。
その周辺で3人の男高校生ら.
図体大きい少年2(19才)は刃物持ってリュとママを戯れて監視していて
やはり図体大きい少年3(19才)はあれこれ手当たり次第遅れをとっていて
そして少年のふりが歴然な少年1(キム・ユンオ)は赤いスプレーで壁にむやみに落書きしている。

はっと。 ソイ. その光景に目大きくなるけれど。
リュ,門の外のソイを見た。 目大きくなるリュ.
リュ,クツワ飽きたまま。 目つきだけでサインを送る。
‘はやく逃げて!’ソイ停滞退いて。 ポケベル音がする。
少年1,スプレーで壁に落書きして.. 見て回る。
ソイと目が合う。 はっと。

ソイ,タジタジ退いて駆け出す。
しかしまさに追いかけて出る少年2.少年1,3度追って出てかむかに立っていて。
ソイ,逃げて頭が容赦なく後にヒュッと反り返る。 悪.
後からソイのお下げ握りしめた少年2.そのまま引っ張っていくのに。
ソイ,逃げようと必死に地団駄を踏む。 少年2の手首をなめ尽くす?
(かむこともできるか? とにかくできる最善を尽くして抜け出そうとする沿い. )ア! 少年2,少しの間ソイお下げのがす。
ソイ,その隙間にまた逃げるのに。 数歩行くこともできなくて。 はっと。 目大きくなる。
少年2,後から刃物で刺した。 血埋めた刃物.
ソイ. ずっと逃げるのに.. ゆっくり,ゆっくり。 2回ほどさらに後から刺す少年2.少年2顔に血何滴飛ぶ。
ソイ,ぺたんと。 膝折れて座り込むけれど。

その時. ドタバタ(どしん)。 リュが椅子に縛られたまま倒れて,門の外まで這って出た。
少年3,すばやく行ってリュをざあざあ打ち下ろす。 血飛ぶ。

少年2,ソイの襟首をとらえて廊下の上をずるずる引っ張っていく。 廊下の上で血痕長く続いて..
少年1,引きずられて行く小異からだの上に赤いスプレーをクルクルばら撒きまくる。 楽しく。
ソイ,引きずられて行きながらも,ドアごとにげんこつで打つ。‘助けて.. 助けて下さい。..’しかし堅く閉じられたドアら.
そうするうちにドア一つが抜いて開かれる。 ドアの隙間に出てきてみる子供. 4,5才なった?
しかしすばやく子供手を握って引っ張って入る子供のママ. ドア急に閉じられる。 クウン...!!
少年2,ソイ服襟首とらえて引っ張っていって,ベルトをぷつんと,解く。

リュ,殴られる中にもその姿にもう一度目ひっくり返る。 ソイに行こうともがくけれど。
少年3,そのようなリュのこめかみを運動靴でぶすっと-踏む。
どしんと..! 廊下底に頭を強く搗くリュ. カムルク.. 意識失われる。 不明瞭になっていく視野..
その視野で.. 見える姿.
少年2にずるずる連れられてきているソイ.. 長く続く血痕..
引きずられて行くソイからだの上にずっと赤いスプレーばら撒く少年1..笑う..
その手首に赤い斑点...

#. 21-1 エレベーターの前

その赤い斑点. ユンオ,リュ向かって丸くスプレーばら撒くふりしている。 笑う顔で。
リュ,回る。 この野郎..本当にヤツだ。。? 恐ろしい目つきでユンオの顔また確認しようとする瞬間.
エレベータータン開かれる。 透明エレベーター. 中に人1人乗っている。
ユンオ,乗る。 リュ,まさに後に従って乗る。
ドアが閉められて。

#.22 エレベーターの中

降りて行くエレベーター.
リュ,他の人のために奥歯を歯を食いしばってこらえてユンオ取って食べるよう見るけれど。
ユンオ,ずっと。

ユンオ:殺人犯で弁護士なったら成功した例ではないのか..?
みな父のおかげです。 ア。 ご存知です。 ペク・トシク弁護士.
その時. 17年前に。 私達を弁論して下さいましたよ。 思い出しますか?
リュ:(もちろん記憶する..)...

=3部で。 法廷の前で少年三前面に出して慈しみ深く降りてきた17年前のペク・トシク.

ユンオ:その方の下でたくさん学んでいます。 その方のおかげで法の魅力度分かったんですって。
ア,出た本当法の恩恵をたくさん受けました..

その時. エレベーター. ドアが開かれて。 先に乗っていた人おりる。
ドアが閉められ始めて。 そのような間ユンオずっと話す。

ユンオ:その時年齢がちょっと幼かったと。 このように遠慮なく話しても関係ないでしょう。 ^^

リュ,かんだまま閉じられる前に。 そのまま駆け寄って,ユンオの首をしめて角に押し通す。
そしてげんこつでずっとずっと殴る。 狂気じみた目つき.
エレベーター降りて行く終始休まないで割る。 殺してしまおう。

#. 23 ロビー

透明エレベーター. 降りてきていて。 ユンオ割ってくれているリュの姿が外部でそのまま見える。
驚いて,その姿見上げている建物身内の人ら.
チャン刑事,ファン検事もきて見て. 驚いて,エレベーター側に走って行く。

#. 23-1 ロビー-エレベーターの前

タン-! エレベーター書庫. ドアが開かれる。
開かれても物ともせずユンオ殴るリュ. リュのげんこつもみなこわれた。
駆け付けたチャン刑事,ファン検事. 駆け寄って,リュ取り壊す。
しかしまた駆け寄るリュ. 一匹獣のようだ..
チャン刑事,ファン検事. ほえ叫ぶリュをかろうじて取り壊すけれど。

ユンオ:(ピトクなったままにも)..ふふなんだ.. 出た更生になったが..ふふ妹、
かなり可愛かったが...ふふ

リュ,また駆け寄る。 驚いてぶらさがるように取り壊すチャン刑事,ファン検事. 人々..
傷ついた一匹獣のようにほえ叫ぶリュ.. 
そのような血なまぐさい場所.. 悲しくて。

#.24 陸橋(午後)

(あるいは建物屋上)明洞(ミョンドン)のように通りを
いっぱい埋めたまま気をもむ人波見下ろせる。
あの下気をもむ人々.
デートをして。 客引き行為をして。 乳母車を押して。 チューをして。
誰か会って。 どこか行って。 他人に門を開けてやって。 笑って。 話す。
多くの人々....

リュ,立ってその人波見下ろして話する。 リュ上がったげんこつに包帯.
チャン刑事,ビール カン一つ取って,リュに渡す。

リュ:(受けて)皆(埋まる)ける。 良く見えるよ.. あの中に。 子犬らは何人にもなりましょうか..
チャン刑事:(飲んで)死んで当然なやつら多いです.. イ・ヘウォン先生聞けばまたひどい目にあっただろうね..

その時. その人波の中で1人1人見て回る。 リュを見上げる。
歩いた置く。 笑った置く。 隣の人赤ん坊を少しの間引き受けて抱いてくれた置く。
アイスクリーム食べてデートする奴.. 座って,本見てコーヒー飲む奴..
各々一つずつ見て回れば。 彼らは。
ジョンチャン,ソ・ジュンヒ,ジョンチャン弁護士,17年前の少年強盗ら3人,チェイル,グァンヒョン.. 等等だ。
あちこち。 あちこちでリュを見て回ってとても牛を飛ばす。 (皆黒い服を着た?)

リュ,はっと。 驚くけれど。
彼ら真中に露天カフェ テーブルに背を向けて,新聞見ていた男,ゆっくり回って座る。 ペク・トシクだ。
トシク,リュに向かって,これ見よがしに。 両腕を広げて微笑.
子悪魔ら,ペク・トシクの後あちこちに立っている。 一番近いところにジョンチャン立っている。 笑う。

リュ,驚く。 怒り. ビール缶投げ捨てて直ちに走って降りて行くのに。
後戻りをすれば。 いつのまにかトシクが目の前にある。 高級スーツに高級ネクタイ.
(これからチャン刑事はない)

トシク:エイ. 去るバンにみな教えたが。 ^^出た罪ない人を弁護しないというから?
私は. 私に適正な受託料を支払った人を弁護して。
適切な代価を受けて。 出た彼を無罪に作ることだね。
なぜ。 ならない? 大韓民国民主主義国家じゃない。
悪魔でも弁護受ける権利はあることじゃないの? それが民主主義じゃないの?
リュ:君は(狂う)及ぼした...
トシク:どうせ世の中が巨大な精神病院じゃないの。 まともな精神状態の人. 誰がいて-?
(リュ示して)ちょこっとあまり(狂う)及ぼさなかったと威張るべきことはないでしょう。

瞬間. ペク・トシクの高級なネクタイが突然夢の枠夢の枠.. 蛇に変わる。 とても太くて派手にしみこむ。
ペク・トシクの首をひと回り回って.. ペク・トシクの顔そばで舌をネルルム通りに. 

#.25 リュ家(夜)

はっと。 驚いて破るリュ. 自身の部屋だ。 苦しい..
リュ,起きて窓の外を見れば..
ソウル夜景あちこちに光っている十字架ら..
その十字架見て考えに浸るリュ. 怒りと悲しみ幼い目つき.

その上にミサ曲‘スカップレノ’の流れ始めると..

#.26 リュ昔家(17年前回想)

壁にかかった十字架.
十字架とその周辺壁いっぱい赤いスプレー落書きされていて。
その落書きを破って出してやめてぼろぼろになる僻地..
そして写真額縁も関わっている。 やはり赤いペイント飛んだ。
17才リュ,袱紗姿で花束入っていてその横にママ,ソイ,老神父様. 幸せな写真だ。

その下17才のリュ. ソファにアザ-座ってTV見る。
TVでは。 17年前のペク・トシクが何か熱心に。 善良な顔でインタビューしている。
リュ,アザ-見て。 ぼんやり.. 渡った部屋見て回れば。

部屋に. ぶらさがったママの足が見える。
その姿アザ-見る17才リュ.  茫然自失.

#.27 聖堂

底にうつ伏せになって,切実に祈っている17才リュ. 袱紗整える。 手にはロザリオ握りしめて。
全身で祈っている。
写真の中の神父様,近づいて静かにリュの背中を撫でてくれる。
幼いリュ,ゆっくりからだを起こして,神父様を見る。 涙まぜこぜだ。 きれいな目つき.

幼いリュ:...なりません。 いくら祈っても.. ゆるせません。。!
...その方ができなければ.. 私が。 殺してしまいたいです。。!!

#.28 リュ家(現在. 夜)

窓の外十字架見ているリュ.
悲しい殺意できらりと光らせるリュの目つき..

|

« イソジンも初々しかったっ!(笑) | トップページ | 「魂」第4話・その2(イ・ソジンの場面) »

イ・ソジン テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イソジンも初々しかったっ!(笑) | トップページ | 「魂」第4話・その2(イ・ソジンの場面) »