« でもインパクトがないのは何故だろうぉぉ | トップページ | イ・ソジンインタビュー その2 »

2009年7月29日 (水)

イ・ソジンインタビュー その1

イ・ソジンがこういうインタビュー受けるの久々だね・・・

写真見てると少し復活?(笑)したよーだ・・・・

安心した・・・・

-------------------------------------------------
Pp09072700100


[チェ・ウンギョンが会った人①]

イ・ソジン'愛,その空腹感を覚えることという(のは)・・・'


[イーデイリーSPNチェ・ウンギョン記者]
"彼女と決別・・・解明も,弁解もしない"

恋人キム・ジョンウンと決別後睡眠の時間を送ったイ・ソジン(38)が9ヶ月ぶりに口を開いた。

イ・ソジンと向き合ったのは去る27日午後ソウル 江南(カンナム)のあるカフェであった。 5ヶ月余りの間精魂を込めたあげくなされたインタビューであった。

直接会ってみたイ・ソジンは愉快な人だった。 俳優の人生を誰より楽しむ人であったし人間イ・ソジンの人生に対する欲も多かった。

とてもするな痛ましく見えたイ・ソジンは2時間超えてなされたインタビューずっと低いトンだったが,一貫して自身の考えを料理あるように広げて出した。 慎ましいことは多かったが率直さがにじみ出た。

イ・ソジンは'ちっ居'または'潜伏'などの単語で呼ばれた過ぎた時間らに対しては"隠れて過ごしたことがない"として"好む運動して趣味生活も楽しんで私の自らは極めて自然な日常を送った"と話したし作品前活動に対しても詳細に伝えた。

だが‘縫う。本当に。銀’という三単語が記者の口を通じて出るや停滞するそぶりが歴然だった。

キム・ジョンウンはイ・ソジンと去年10月決別した恋人だ。 キム・ジョンウンは一ヶ月の後恋人イ・ソジンとの決別を認めた。 電話で決別を通知受けたのが終わりといった。 決別理由さえ分からないという彼女は放送で涙を見せた。 インタビューでは当時ことで引退まで考えたとし,決別当時の苦痛な心境を話もした。

だがイ・ソジンはこちんこちん体を隠したままついに言葉がなかった。

愛はどちらか一つの人だけの意でならない。 開始は明らかに一緒だった二人. だが終わりは極めて一方的だった。

だが彼はその時もそうしたように今回も言葉がなかった。 キム・ジョンウンに対する配慮かという質問を投げよう"私自身を包装するのに習熟でない"とした。 引き続き"そのまま人間の,人間に対する礼儀と道理をつくしたいだけ"と付け加えた。

理由が多いようだったが硬く閉じた口はたやすく開かれなかった。

彼は事実インタビューずっとキム・ジョンウンという名前をただ一度も先に,そして直接取り上げ論じなかった。

そのまた決別以後自身にあふれた世の中の人々の刃が鋭くなった視線をこらえるのが難しかったといった。 当時ことによってどちらか一つの瞬間'無責任な人','悪い男'で非難の対象になった事実も十分に知っていた。 記者が古ぼけた仕事を揺れて彼を刺激したが“どんな解明も,弁解もしない"という彼の考えは変わることがなかった。

ただし“大衆の愛を暮らす人”と自身を紹介して“もし自分自身が道徳的に恥ずかしいことをしたとすればまた大衆の前に出られなかったこと"という言葉で去る愛に自身やはり最善を尽くしたことを間接的に打ち明けた。

だからだろうか。 彼女との決別に対して解明,弁解もしなかったけれど彼のインタビューでは真心をいって最善を尽くそうと思った彼の過去愛を感じることができた。

Pp09072700112


|

« でもインパクトがないのは何故だろうぉぉ | トップページ | イ・ソジンインタビュー その2 »

イ・ソジン その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« でもインパクトがないのは何故だろうぉぉ | トップページ | イ・ソジンインタビュー その2 »